2020年03月18日

証明することの難しさ(中編)

医療機関の大変さも理解はできますが、
   患者側の不安も理解してほしい鯨もん。です(願)

前回の続き。
4日連続の発熱が続き、2回のインフル検査も陰性。
遂に「コロナ疑い」で保健所に連絡することになった新人クン
しかし!! 咳が出ない。渡航歴もナシ。周囲に発症者がいない。
・・ということで、保健所では「コロナではない」と判断され検査してもらえず。

職場としては、「コロナではない」と証明しきれないため自宅待機を命じられる。
新人クンも同じ部署のスタッフも、どうしたら良いものか考える・・
考えついた答えが・・ インフル検査をもう1度受けろ!でした。
コロナではない。と証明するには、インフルエンザである。と証明するしかないと!

すんごい考えだな。。とは思いますが、もうそれしかないのです。。
そこで、新人クンには3度目のインフル検査を受けることにしました。
ところが・・・

病院に行き、インフル検査を希望するも拒否されてしまうのです。
2度の検査で「陰性」が出たのならコロナの疑い濃厚。
インフル検査をする際に、飛沫感染する恐れがあるのでできません。

そりゃ、医療機関のスタッフだって発症したくない気持ちはわかる。
コロナの患者が出た!となれば、病院も封鎖される。
だからと言って、目の前の患者を検査拒否して帰らせる!??
ひどい話だ・・
でも、実際新人クンは何軒もの病院で検査を拒否されたそうです。

そして、何軒目かの病院でやっとインフル検査をしてもらえることになりました。
次回。最終回に続く。。
posted by 鯨もん。 at 22:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、「コロナではない。と証明するのにインフルエンザである。」
今は、そういうことで証明しなくてはならないのか。
職場としたら何かの確証が欲しいわけですもんねえ。

本当にどうしたらいいんだろう。
こういう場合は本当に困りますね。
Posted by 月青 at 2020年03月19日 15:28
☆月青さんへ☆
 本当に「コロナではない」証明をするのは大変ですよ!
 少しでも疑いがあれば「コロナ検査」を受けられればいいのに。
 これでは、おちおち「普通の風邪」をひいてられませぬ!!
Posted by 鯨もん。 at 2020年03月19日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。